teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


増尾道場 ・画像集 2014

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2015年 2月 2日(月)16時06分3秒
返信・引用
  あるものを正しく判断するためには、それを愛した後、いくらか離れることが必要だ。それは国についても、人間についても、そして自己自身についても。 (シード)

近すぎると何も見えない。
恋人同士が抱き合い、体と体を密着しすぎると相手が見えない。それと同じように、自分も含めて人間やモノを溺愛すると本当のところは何もわからない。

正しい判断をしたいのであれば、一旦、自分の目で眺めるのをやめて、他人の目で眺めようと想像することです。
他人だったらどう見るだろうかと想像してみること。
その時に大切なのは、他人の選び方だ。自分の好きな相手というよりは、あまり知らない他人、ちょっと苦手な他人を選ぶことが良いかもしれません。

大切なことは距離。どう距離を取って自分と対峙するか、他人と対峙するか・・・・。
その距離を忘れた時、判断を見誤ることになるのかも知れません。

今年も昨年度の増尾道場稽古画像集が完成。

他人の目で自分の稽古姿を見てみる・・・・大切なことと思います。
見学に来ていただいてる保護者の皆様の撮影協力の賜物です。
1700ショット。ご覧になるのも大変かも・・・・・





 
 

拳正道・鏡開き式

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2015年 1月11日(日)18時37分47秒
返信・引用 編集済
  偶然成功したなんてことは・・・・ない。
偶然失敗した・・・・なんてこともない。
偶然の前に必ず必然になる要素があるように思います。

「たまたま道を歩いていた時に、素晴らしいアイディアが閃いた」などという言い方をする人がいますが、それは嘘であって、その人はいつも、
「素晴らしいアイディアはないか」と考えていたのです。
何もないところには、何も生まれない。

成功をするためには準備が必要で、その準備をしっかり行っていれば、いつかその準備が花開く時が来ると思うのです、それを偶然と言うだけなのです。
成功の時期は誰もわからないから、成功したことが偶然のように映るのであって、その裏には、成功に値する準備がしっかりなされているのです。

私たちに重要なことは、偶然の前に行われる必然的な努力。それを忘れてはダメです。
準備なしには、何も生まれない。コツコツ準備をしておけば、いつかは、花が開く時が来るのです。
年も改まり、今から準備・努力を始めましょう。

本日、拳正道 最初の行事、鏡開き式が行われ多くの拳士が参加いたしました。


 ↓ お年賀(紅白饅頭&拳ドラ)

 

謹賀信念

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2015年 1月 1日(木)10時54分21秒
返信・引用
  信念 あけましておめでとうございます。

三ヶ月やり続けることができたら、どんな分野でも間違いなく、基礎はマスターできます。
そして、三年続けることができたら、今度は楽しくてやめられなくなる。
三十年間続けることができたら、これはもう名人レベル。
逆にいうと、三十年間コツコツと取り組みながら名人になれなかったら、何かがおかしいのかもしれません。

誰でもできるあたりまえのことを誰にもできないくらいやり続ける、
続けると本物になりやがて個性になる。そして、光り輝く人生があるのです。
今年も続けます、拳正道。

皆様にも輝かしい一年(一念)でありますよう・・・・・

 

増尾道場・忘年会

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年11月24日(月)11時53分35秒
返信・引用
  人生の目的は、人に勝つことなどではない。成長し分かち合うことであると思います。
私たちが自分の人生を振り返った時、誰に勝ったかなどよりも、どれだけ人々の役に立つことが出来たかが、私たちに喜びや満足感を与えてくれるはず・・・・・
拳正道から与えてくれる教訓です。

自分のしたいことをして、それで人のお役に立つ仕事をしている時、人の魂は輝くのでしょう。
今年も増尾道場拳士たちは皆それぞれ輝きに満ちていたと思います。

今年も早めの忘年会。
今年を振り返り、それぞれ来年の活躍に期待を膨らませる楽しいひと時でした。
 

グラディーション

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年11月21日(金)07時33分7秒
返信・引用 編集済
  人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。
そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ・・・・・

人間の世の中は、公平には出来ていないようです。
何も悪いことをしていないのに不幸に見舞われたり、病気になる、望んで貧乏人の子どもになったわけではないのに、貧乏で苦労するし、人生は、全くと言っていいほど公平ではない。

しかし、どんな人間でも同じように与えられるものがあります。それは、自分の境遇。
金持ちには金持ちの、貧乏人なら貧乏人の境遇がある。自分の置かれた境遇は、どんな人間でも公平に与えられる。そして、その境遇に対して、どんな人間でもそれを不満に思います。

だから人間は、実は公平になる可能性があります。
それは、「幸せな境遇」というものが何なのかを自分が決められるから。
他人から見て、幸せそうだと思ってみても、それは、全く意味がない。
それを自分がどう受け止めるかで、幸せかどうか決定されてしまう。

私たちは、自分の置かれている状況に真正面から参加をすること。自分の置かれた状況に最善を尽くすことではないでしょうか。
そうすれば、私たちは、誰だって幸せになることが出来る。
今目の前の課題に徹底的に向き合っていきましょう。

人生はグディーション。人れぞれの色、その時の色合いを楽しみましょう。

公園の木々達もそれぞれの時の彩りを織り成していました。

↓ 近くの公園でのお散歩カメラ画像です。

 

チャンバラ

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年11月16日(日)10時42分46秒
返信・引用
  まずは、好きなことにただひたすら一生懸命に打ち込むこと。そうすれば別の扉が開かれるんです。そうすると、また別の世界が広がってくる。
一生懸命に打ち込んだことっていうのは、その人の栄養になるんですよ。お金のためとか、得になるからとか、打算的なことは考えない。
ただ、ひたすら打ち込む。そうすると、自信がもてるようになります。

と假屋崎省吾(華道家)さんが言う

やはり好きなことに無心に打ち込むことが人間がその人本来のよさ、天真を発揮する上で、とても大切なことだと思います。
好きなことばかりやれない? ・・・・目の前のことを好きになればよいのでは (^.^)

今日の増尾道場稽古は皆大好きなチャンバラ。
間合いや攻め・受けの練習になりました。

 

中原防災公園10周年

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年11月 9日(日)09時57分19秒
返信・引用
  増尾道場が夏季、学生門下生の夏休み期間、毎日曜日の早朝青空教室と題して中原防災公園の広場を利用させていただいています。
その公園が開園10周年、その記念イベントに昨日、拳正道・増尾道場が招待され元気な稽古姿を披露いたしました。
柏市長をはじめ多くの御来賓・来園者が見守る中、それぞれに予定があり参加者は少なめでしたが、曇り空・寒い中を頑張りました。




 

拳正道道場交流競技大会

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年11月 3日(月)13時31分55秒
返信・引用
  型は打ち破るためにある・・・・と言われます。

形無しと型破り。どちらも歌舞伎用語らしいのですが、この二つは似ているようで、全く別物。
形無しは、基本となる型をしっかり習得していないので、型が乱れて良い演技にはならい。
これは、いわゆる初心者のような演技です。それに対して型破りは、基本となる型を意識的に崩して、簿妙なニュアンスを演技に織り込む、これがベテランの演技。

どちらも個性的に映る場合があるようですが、基本をしっかりマスターしているかどうかが、ポイントです。
形無しは、型をしっかり習得していないから型が崩れてしまう未熟の極致。
型破りは、型がしっかりなっているからこそ、すこし型をずらして型を乗り越えようとする、成熟の極致なのでしょう。

型を打ち破るというのは、型をしっかり理解したうえで、それでもその型(=基準)を乗り越え、新しい型(=基準)を築こうとすること、いわゆる挑戦をするために型があります。

型に初めから従わないのでは、話にならないですね。
型に従うことが十分できてこそ、新しい基準の創造に向かう、そのために型はあります。

今年も多くの方々に支えられ拳正道の道場交流競技大会が行われました。
今回も多くのメダリストが誕生しました。

また次の稽古から新規一転頑張りましょう・・・
増尾道場らしい型(スタイル)を求めて。。。。。


 

道場合同演武練習会②

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年10月31日(金)10時45分13秒
返信・引用
   

道場合同演武練習会①

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年10月31日(金)10時41分52秒
返信・引用
  魅力的な人になりたいですね。
人の魅力は、年齢に関係ありません。
「もう30歳、もう若くない」と、しょぼくれている人ではなく、「まだ60歳、まだやれる」と、イキイキしている人が魅力的です。

どれだけ歳をとったかが大切なではなく、どのように歳をとったのかが大切なのでしょう。

先週の金曜日24日に総本部道場・流山北&南道場・我孫子道場・増尾道場の5道場が集い
拳正道道場交流競技大会に向けての道場合同の演武大会がありました。
本番直前に道主先生を初め各道場長の先生方に評価・アドバイスを頂ける貴重な機会です。

どれだけ稽古を重ねたかより、どのように稽古してきたかが大切・・・・・

ますを道場も狭いスペースながらベスト8突破の乱取り選手他、五組の演武選手の稽古もします。
今回の先生方の貴重なアドバイスを頂き大会に向けまますます熱が入ります。

 

レンタル掲示板
/28