teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新設・拳正道、北松戸道場

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 4月20日(日)18時05分38秒
返信・引用
  今日は、北松戸道場の道場開きに参加してきました。

道場長は周防先生、倉持先生ご一門が駆けつけ盛大な道場開きでした。
見学者も20人以上と幸先の良いスタートです。
今後の益々の発展をお祈りいたします、おめでとうございました。


松戸運動公園、武道館 (松戸市上本郷4434)
毎週、金曜日 7時~8時半
道場長 周防(すおう)先生

 
 

合格おめでとう。

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 4月13日(日)17時47分7秒
返信・引用
  毎日の中で、一番むだに過ごされた日は、笑わなかった日かもしれません。

人間は、笑うために生きている?
動物の中で、こんなにしょっちゅう笑っている動物は人間しかいません。
喜んでは笑い、おかしくて笑い、安心して笑う。笑いの中で日常が営まれています。
もし一回も笑わない日があったら、そんな日は、生きていなかったことと同じです。

積極的に生きているのであれば、笑う場面も一杯あるはず。
笑うことがないなどということはない、逆に言えば、折角生きているのだから、笑わない手はないですね。
どんどん笑って時間を過ごしたいものです。

笑いは人間に力をもたらすように思います。
笑う門には福来ると言いますが、まさに笑う人間には、福が来るものなのでしょう。

本日、拳正道の4月度昇段試験がありました。
増尾道場から6人の受験生。
全員、普段の熱心な稽古が実り素晴らしい好成績でした。
受験の緊張感から解放され帰り道には笑いも漏れ素敵な笑顔。

おめでとう・・・・・
やっと級の卒業です、ますますの高みを目指して精進しましょう。


 

リンクのお願い

 投稿者:【道場検索ナビ】  投稿日:2014年 3月17日(月)23時29分11秒
返信・引用
  空手・剣道・柔道・拳法・合気道・ボクシングなど
全国のあらゆる武道と格闘技を地域別に検索・登録できるデータベースを開設しました。

教室やスクールの宣伝告知にお役立てください。
もし良ろしければ相互リンクをお願いします。

http://samplefan.s502.xrea.com/

 

祝・参段受験合格

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 3月 9日(日)16時37分23秒
返信・引用
  長く生きていれば、数々の失敗をするものです。
だからといって、失敗をしても、それで人生を悔いることはありません。
それより、多くの失敗をしたということは、それだけ何かに挑んだのだから、勲章とするべきでしょう。

どう生きたって、ゴールは、人間全員同じです。
死というゴールにたどり着くために、生きています。だとすると、冥土の土産に持っていくものは、思い出以外にはありませんね。

思い出は、成功よりは失敗にまつわる記憶の方が、よっぽど面白いように思います。
失敗の連続の中にたまに成功したことが入っているからよいのであり、成功ばかりの思い出話が面白いわけがないです。

失敗も成功も私たちの人生の彩。
成功の中にたまに失敗があるというより、失敗の中にたまに成功がある方が断然、事後的には楽しいはずです。ですから、失敗や過ちを悔いなくて良いのです。失敗も過ちも後で笑い飛ばすためにしてしまうもの、そう思って、堂々と生きていくことにします。

きょうの拳正道昇段試験に増尾道場から参段受験生が一人。
お相手は先に参段合格している兄。
二人とも稽古熱心では誰にも引けをとりません。
失敗の恐れより、満点合格の成績。
よく頑張りました、冨増拳士おめでとう・・・深みを目指して一層の精進を重ねてください。



 

柏の殺傷事件 ②

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 3月 7日(金)16時43分55秒
返信・引用
  柏の殺傷事件 ②



 

柏の殺傷事件 ①

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 3月 7日(金)16時42分0秒
返信・引用
  昨日までニュース番組は柏市での殺傷事件でもちきりでした。
不名誉なことでの全国区は嬉しいものではありません。

早速、増尾道場でも刃物で襲われたときの対処法稽古いたしました。
刃物を持って近づいてくる相手には、逃げることがまず一番。
ただ、追い詰められたとき、仲間が・家族が襲われているときは何とか対処しなければなりません。

刃物を持つ相手を制するには、拳正道の基本の動きプラスアルファが要求されます。
拳正道ではないような動きもとっさに反応できるよう心がけねばなりません。

模倣犯が出ることも気をつけねばなりませんが、早く検挙されたことが一つの安心です。

 

雪かき

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 2月 9日(日)16時55分7秒
返信・引用
  一夜明けても雪かきで朝から大変です。
お昼からは拳正道の昇段試験指・導者研修、出かけるときには体力消耗してました。




 

少数精鋭

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 2月 9日(日)16時46分54秒
返信・引用
  人間、順風満帆に行っている時は、誰でもそれなりに判断をし、それなりに行動をし、それなりに結果を残せるものです。
こういう時には、人間は自分の存在や在り方を現実から問われているとは思っていないのでしょう。

しかし、状況が一変すれば、すべてのサイクルが狂ってしまう。
今まで上手く回っていたものが、上手く回らなくなります。
的確な判断も、的確な行動も、今は昔。すべてが何か違っているような結果になりますね。

何をやっても上手くいかない時、人は、この事態をどう抜け出すかを真剣に考えます。
あれやこれやと考えるでしょう。そして最後に、自分自身のすべてを賭して、問題解決に乗り出します。

重要なのは問題を解決するか、しないかではないようです。
自分の存在を賭してそれに当たるかどうか。
これが、「人の真価」ということなのでしょう。

いつも私たちは、現実に問われている。
「お前はこの現実に直面して何をやるのか?」と。
この問いにいつでも応えながら生きていきたいものです。
それが、人間の生き方だし、人間の真価を発揮する時なのですから。

昨夜は記録的な大雪、雪吹雪でした。
そんな中でも増尾道場は稽古をしました。
大雪のため、お休みメールが沢山届きます。
雪吹雪の中、誰も来ないかも・・・・・予想に反して8人の拳士が集まりました。
中には車の送迎が出来ず2時間かけて親子で歩いて道場にたどり着いた拳士も・・・・・
もう敬服の限りです、決して無理することはありませんが、増尾道場の拳士たちに強靭なメンタリティが育っているのを感動の中に受け取りました。

一般部は冨増兄弟二人だけが稽古に参加、いつもの狭い道場が広く感じました。

 

拳正道・鏡開き式

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 1月18日(土)10時54分54秒
返信・引用
  指導者には、魅力的な人間が向いています。

教師も「この先生から教えてもらいたい」と子どもに思われなければ、ダメですね。
魅力のない教師の言うことを子どもたちは喜んで聞くわけがないですし、
教師に叱られて、子どもがその通りだなと思って、その注意に耳を傾けるわけがありません。
人間的な魅力を持てないような人間は、教師には向かないのかもしれません。

人を救うためには、救われる人が、救う人を選ぶものです。
道に迷っている人は、誰かれなく道を聞くわけではないです。正しい道を教えてくれそうな人を選んで道を聞きませんか ?

私たちは、人間的な魅力について考えること、自分にその魅力があるかどうか問うこと。そして、自分の求めている人間になろうと決めることではないでしょうか。

今年は私も人間である以上、人間的な魅力は既に持っていますので、それを自分でどう磨き、使うかどうか・・・・常に問い精進を重ねたいと思っています。

今月12日は拳正道の鏡開き式でした。
全国の支部道場拳士か集い大盛況でした。

光栄にも増尾道場は前年度の記念競技大会で優勝を果たし奉納演舞の重責を担いました。

 

謹賀信念

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2014年 1月 1日(水)12時45分58秒
返信・引用
  忙しさには2種類あるようです。追われる忙しさと、追う忙しさ。
追われる忙しさは、こころもカラダも疲れます、追う忙しさは、満足感があります。
どうせ忙しいのなら、こころを亡くす忙しさよりも、充実感もあり、後悔しない忙しさを選びたい。

忙しいだけでは十分ではないですね。
アリだって忙しい。問題は、何をしていて忙しいかということなのでしょう。
今年こそ楽しく忙しくしていようと思います。

皆様、あけましておめでとうございます。
仕事に、学びに、拳正道に・・・・素晴らしい活躍の年でありますよう、
お祈りしています。





 

レンタル掲示板
/29