teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


拳正道・乱取大会 2018

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 6月17日(日)19時20分5秒
返信・引用
  「努力を無駄にしない」努力をしたからといって、全ての人たちが成功するわけではないですね。しかし、成功した営業は、全員、努力をしている。

同じ努力でも、結果が出る場合と出ない場合があるようです。
その差は、もちろん「努力の方法・やり方」もありますが、それ以上に大切なことが

「変わる勇気」。

現状や常識にとらわれている限り、方法論を実践する前に、
頭の中で「それは、ちょっと・・・」と、その方法論自体を否定しまいがちになる。
そして、その結果、現状は何も変わることはないのです。

結果を変えたければ、現状を変える必要があります。
現状を変えたければ「今の考え方」や「方法論」を否定することから始めなければ、何も変わらないのです。

確かに、これまでの常識や方法論を否定することは不安にもなるし勇気もいります。
それが出来ないからこそ、多くはその呪縛から抜けることが出来ず小さな常識という「殻」の中で、もがき苦しんでいるのです。
しかし、その小さな「殻」の中で、どれほど努力をしても望む結果は出ないのです。

努力の前に必要なことがあります。

それは・・・「変化する勇気」「変わる勇気」
そして全力でチャレンジ  !!  これこそ大会テーマ。

本日、拳正道乱取大会2018 が我孫子中央学院体育館で行われました。
増尾道場選手、よく頑張り 4人の優勝・入賞選手となりました。

 
 

拳正道、審判講習会

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 5月21日(月)16時32分50秒
返信・引用
  私は「めんどくさがり屋」 だからこそ、出来るだけ効率の良い方法を考えることが出来ます。

私は「いい加減」 だからこそ、自暴自棄になるような悩みを抱えることはありません。

私は「臆病モノ」 だからこそ「慎重さ」を兼ね備えています。

一見、「短所」と思えることでも見方を変えれば「長所」になることもある。
「短所」と「長所」の違いは、がどちらを選択するかにかかっていると思うのです。

「臆病」という「短所」に目をやるのか それとも・・・「慎重さ」という「長所」に目をやるのか。

その選択一つで、これまでとは全く違った世界が、かいま見えることになります。

「口べた」だからこそ「聞くことの達人」になれる。
「説明下手」だからこそ「自分自身の言葉」で話すことができる。

「成長」という意味での「自分自身を変える努力」は必要です。
しかし、自分自身を変える努力をする前に、
「今の自分自身の良さ」を、見つけ出し、最大限に活かすことを考えてみてはいかがでしょうか。

20日、牛久の運動公園体育館で、拳正道 審判講習会がありました。
もう一度、基本に立ち返り、講習を受けてきました。


 

拳正道、昇段試験 2018.5

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 5月14日(月)13時25分34秒
返信・引用
  人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。(ウォルト・ディズニー)

人間を強くするもの、それは・・・・
そして、人間の何を強くすれば、私たちは、自分の人生を堂々と生きていけるのか・・・・

人間を強くするものは、自分が思っていた未来ではない事態、それも自分が望んでいない事態が、自分に降りかかってきた時かもしれません。
この時、人間は、その事態をどうにかして切り抜けようともがきます。このもがきが、人間を強くする、精神的にも肉体的にもタフな人間になっていくのでしょう。

ですから逆境、トラブル、障害は、自分にとっての砥石として、歓迎するべき事態なのです。
人生は自分の望む通りには進まないもの。
ということは、しっかり人間を強くするイベントを用意してくれている。目の前のイベントに積極的に参加して、一段と強い自分を作っていくしかないのです。

増尾道場3人の拳士が昨日の昇段試験に臨み、苦しみもがいたことで、また一つ強さを得ました。
全員、高得点での合格。
おめでとうございました。




 

拳正道、昇段試験 2018.4

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 4月 2日(月)06時40分2秒
返信・引用
  「できるか?」と聞かれたらいつでも「もちろん」と返事をすること。
それから懸命にやり方を見つければよいのでは。

「出来るか?」と言われるのは、誰からなのか。
私たちは、誰から「出来るか?」と言われるのでしょうか。ここがわかるかどうかが、人生の大きなポイントのようにおもいます。

私たちに「出来るか?」と問いかけるのは、いつも人生。
先生であろうと、上司であろうと、同僚であろうと、はたまた仕事自体であろうと、
「出来るか?」と問うのは、自分の人生。
巡り巡ってきた人生のチャンス、それが「出来るか?」という問いですね。
だからこそ、「もちろん」と返事をしましょう。 チャンスを逃すなと。

私たちに与えられたチャンスは、それが出来るかどうかなんて全くわからない時があります。
また、これは無理だなと思えることもあります。
しかし、まずは、出来るように考えて、挑戦していくこと。
チャンスを生かそうとするのが、私たちが生きている証ですから。

このチャンスを見事「出来るか?」という問いにやりきった増尾道場受験生。
全員、満点合格の快挙。
おめでとう、よく頑張りました。


 

拳正道、鏡開き式

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 1月15日(月)17時26分49秒
返信・引用
  人生は道路のようなもの。一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。

人生は、自分の都合の良いようには、行かないですね。
それは、自分と他人とがともに存在し、そのうちの誰かが主人公で誰かが脇役で、ということにはならないから。どちらも主人公なのです。

人生は、思ったようにはいかないから、近道を求めても、全く無駄な努力。
それよりは、あえて、遠回りをした方が、圧倒的に目的地へは早く着くことになったりします。
それは、直接的なトラブルを避けるような道、無理を通そうとはしないから。

私たちは、せっかち。
しかし、それを抑えて、遠回りをしてみる。遠回りをする勇気を持つべき。
その遠回りが良い結果も生むかもしれません。意識的に遠回りを選択することですね。

今年も近道せず、一歩一歩確実に・・・・・

昨日は拳正道の鏡開き式。
昨年度、乱取り大会優勝・増尾道場の市本真心選手と競技大会優勝・増尾道場の飯野大輝選手
そして乱取り大会5-6年生の部優勝・増尾道場の萩原空翔選手が奉納乱取りの大役を果たしました。



 

謹賀信念 2018

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2018年 1月 1日(月)07時28分58秒
返信・引用
  どんな出来事であったとしても、人生から教訓を得る機会として前向きに受け止めることができれば・・・・
起きてしまった出来は変えることはできません。しかし、受け止め方を変えることはできます。

自分にとって望ましくないような出来事も人生から与えられた試練としてとらえ、成長する機会に変えてしまえばいいですね。

今年はどんな出来事が待ちかまえているのでしょう。

信念、明けましておめでとうございます。
皆様のご多幸、心よりお祈りしています、今年もよろしくお願いいたします。


 

道場交流競技大会 2017 ②

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2017年10月31日(火)16時38分45秒
返信・引用
  道場交流競技大会 2017 画像  

道場交流競技大会 2017 ① ①

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2017年10月31日(火)16時36分14秒
返信・引用
  人生で、何かしら徹底的にガムシャラにやった経験のある人と、
そうでない人では、人間の幅も深みも全く違ったものになります。

人生で、一度くらいは「私は世界で一番、努力している」と思えるほど、徹底的に頑張る時期が必要ですね。

そのような経験をしている人が、自分に自信が持てるようになり、諦めない強さも兼ね備えることになるように思います。

がむしゅらに稽古を重ねた増尾道場選手、好成績を収めました。

毎回多くの方々の協力、支えで大会が行われます。
今年も盛大な大会になりました。ありがとうございました。

 

大会前、演武練習会。

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2017年10月15日(日)07時50分39秒
返信・引用
  人生には解決法なんてない。あるのは、前進中の力だけだ。(サン・テグジュペリ)

人生に成功の方程式がないように、あらゆる人生上の問題には、決まった解決方法はないようにおもいます。
問題が起こったら、自分なりにその問題と向き合って、兎に角、問題を解決しようとするしかないのです。

その解決しようとする力を、「前進中の力」というのだと思うのですが、決まった解決法がない以上、前に進むだけですね。

しかし私たちは、問題が発生したら、立ち止まって考え込み、前を見るよりも、この問題を抱え込んで、にっちもさっちもいかない状況を創り出してしまう。
問題に押しつぶされそうになって、立ち止まり、前へ進む力をなくしてしまう。
自分の目の前に問題が立ちはだかって、前を塞いでしまう。

私たちにとって問題は、起こってはいけないもののように思っているからなのでしょう。

しかし生きている限り、問題は起こるもの。
ですから問題が起こったら、「これも人生なんだ」と思って、自分なりに問題を解決しようと思えばよいのでしょう。問題は起こるもの。前に進むことを邪魔する問題ならば、そんな問題は、ぶち壊してしまう。ただそれだけ。

先日の13日金曜日、本部道場にて拳正道の競技大会を目前にしての演武発表会がありました。
総本部・流山北・流山南・増尾の各道場が集い、ここまでの演武稽古の成果を披露。
本番同様の点数評価、先生方の適切なアドバイスをいただきました。

上位を目指して前進あるのみ・・・・・。
大会までの稽古に大変参考になりました。


 

加賀夏祭り

 投稿者:増尾支部道場長  投稿日:2017年 8月 6日(日)19時22分20秒
返信・引用
  今夜は地元の加賀、夏祭り。

毎年の拳正道紹介コーナー、夏休み中にもかかわらず30名弱の拳士が集まり今年も多くの観客の皆様の前で披露させて頂きました。




 

レンタル掲示板
/28